中学受験の算数でライバルたちに差をつけられないようにしよう

中学受験の算数でライバルたちに差をつけられないようにしよう

中学受験の算数でライバルたちに差をつけられないようにしよう中学受験において、ほとんどの中学校で算数が試験科目となっています。また、主要科目(国語、算数、理科、社会)のうちで、算数の出来が合否に影響を与えることが多いといわれています。
算数を得意科目にすればするほど、中学受験を制する可能性が高まるといえます。

算数が苦手な生徒さんも、少なくとも他のライバルの受験生に差をつけられないようにする必要があります。
それでは、算数が苦手な生徒さんでも、他のライバルの受験生に差をつけられないようにするためにはどうすればいいでしょうか。

まずは、ケアレスミスをなくすことです。中学受験の算数は、小問集合を除くと、通常大問1つに小問が3〜4個あることが多いです。そして、通常、小問の最後に行くほど難しくなるとともに、最初の小問の解き方(答え)が最後の小問を解く上でヒントになるように作成されていることが多いです。そのため、ケアレスミスで小問の最初の問題を間違えると芋づる式に当該大問全て間違う可能性があり、大量失点となる可能性もあります。
普段の学習から計算ミス等に注意するよう意識して学習する必要があります。

また、解法パターンを知って覚える必要があります。鶴亀算など発想力が必要となる問題でも、解き方を知れば容易に他の受験生に差をつけることができる分野があります。
このような分野をできるだけ多く押さえる必要があります。このような問題を対処するには、独学でも可能ですが、中学受験算数に精通している塾や家庭教師を使う方が効率的に学習できるといえます。

最新記事